日本セーリング連盟加盟団体 外洋内海|ヨットレース|セーリングスポーツ|会員クラブ活動

 

サスティナビリティー

 

持続可能性とJSAF外洋内海

持続可能性とJSAF外洋内海
フォーム
 
持続可能性とJSAF外洋内海
2020-01-17
JSAF外洋内海のサスティナビリティーページをご覧頂き有難うございます。セーリングイベント管理のあらゆる段階で、私達はワールドセーリングの”サスティナビリティーアジェンダ2030”を率先してサポートしています。サスティナビリティーアジェンダ2030にはスポーツがどのように持続可能な開発目標(SDGs)に貢献するかという内容が述べられています。
 
海やその周辺と直接関わりのある関係者が何百人も集まるイベントの主催者として、持続可能なスチュワードシップの必要性は最優先事項です。さらに、JSAF外洋内海はイベント内で持続可能性を優先事項として取り組むことによって生じる、社会的、環境的、経済的影響の前向きな機会を確信しています。
 
JSAF外洋内海は持続可能なセーリングイベントのサポートに最善を尽くす為、計画内で懸命に取り組みます。グローバルな持続可能性活動をサポートする為に私達ができることを考えるとき、私達は持続可能性の3つの分野すべて、すなわち、社会的、環境的、そして経済的持続可能性に注目するでしょう。私たちは持続可能性について話し合いや指導を行い、持続可能性をサポートする為の行動を起こします。
 
JSAF外洋内海が最近行った行動には、大学院でサスティナビリティー学を専攻したサスティナビリティー責任者を任命し、2019江の島ワールドカップの持続可能性プランを策定する為サスティナビリティー責任者を派遣をしたことが含まれます。このプランはワールドセーリングによって承認され、ヘンペルセーリングワールドカップシリーズ江の島大会2019で使用されました。ごく最近、JSAF外洋内海はプラスチックスマート、そしてプラスチックスマートで活動する参加者を集めて環境をサポートするNGO団体に登録しました。この登録手続きは、プラスチックスマートで実経験のあるJSAF外洋内海の役員の主導によって行われました。JSAF外洋内海にとって、出来る限り私達の人材および財務的資源を活用し、行動することが重要であります。
 
セーリングイベントでの持続可能性をサポートするアイデアをお持ちでしたらぜひご連絡下さい。今後のセーリングイベントで皆様にお会いできることを楽しみにしています。
 

持続可能性とJSAF外洋内海(英文)

持続可能性とJSAF外洋内海(英文)
フォーム
 
持続可能性とJSAF外洋内海(英文)
2020-01-17
Welcome to the JSAF Gaiyo Naikai Sustainability page. At every level of sailing
event management, JSAF Gaiyo Naikai supports World Sailing’s ‘Sustainability
Agenda 2030’ initiative. World Sailing’s Sustainability Agenda 2030 outlines how
the sport will contribute to the United Nation’s Sustainable Development Goals
(SDGs).
 
As organizers of events that see hundreds of stakeholders directly interact with the
ocean and its environs, the need for sustainable stewardship is of a high priority.
Further, JSAF Gaiyo Naikai recognize the opportunity for positive Social,
Environmental and Economic impacts that will be achieved via embedding
sustainability as a priority within the events we support.
 
JSAF Gaiyo Naikai will be working hard within our planning to ensure that we do
our best to support sustainable sailing events. When looking at what we can do to
support the global sustainability movement we will be looking at all three areas of
sustainability, namely, social, environmental and economic sustainability. We will
be looking to discuss and teach about sustainability and we will take action to
support sustainability.

Actions taken by JSAF Gaiyo Naikai recently include appointing a sustainability
officer who studied sustainability at post graduate University level, sending our
sustainability officer to design the sustainability plan for the 2019 Enoshima World
Cup, this plan was approved by World Sailing and was used at the 2019 Hempel
Enoshima World Cup. Most recently we registered JSAF Gaiyo Naikai with Plastics
Smart, and NGO which supports the environment by gathering “Plastics Smart”
campaigners together. This registration process was led by a JSAF Gaiyo Naikai
officer who has actual experience with Plastics Smart. It is important to JSAF Gaiyo
Naikai that we take action and employee our human and financial resources as
best we can.

We would love to hear from you if you have any ideas to support sustainability at
sailing events and we look forward to seeing you at upcoming sailing events we
support.
 

海の環境問題への取り組み

海の環境問題への取り組み
 
JSAF外洋内海は、海の環境問題への取り組みとして、国連のSDGs活動に加えて、新たに環境省の推進する「プラスチック・スマート」フォーラムに参加いたしました。
 

海の環境問題への取り組み(英文)

海の環境問題への取り組み(英文)
 
Plastics Smart
qrcode.png
http://jsaf-naikai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<日本セーリング連盟加盟団体 外洋内海>> 〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-16-2 TEL:0798-37-3102 FAX:0798-37-3107